魂の構造

第1回 魂の構造(役割編)

 

魂には構造と呼べるものがあります。「タイプ(役割)、年代、目標、態度、主特性、センター、など」

 

今回は役割についてのコラムです。

 

魂には7つのタイプ(役割)があります。「僧侶」「職人」「賢者」「奉仕者」「学者」「王」「戦士」

 

これは魂の本質の振動数の違いによって、役割が異なるためです。役割もエネルギーです。

 

役割とは、多様な経験を生み出し、具体的な手段や形式を持たせるために与えられたものです。もともと存在するものではなく、創造主が固有の周波数を魂の本質に与えます。それが私たちが役割と呼んでいるものです。

 

下から順に振動数が高くなります。因みに、振動数が高いから良いというわけではありません。

 

7つのタイプの中には3つの視点(フォーカス)があります。広い視野・中立・狭い視野です。これも良い悪いはありません。

 

広い視野のタイプ 「僧侶」「賢者」「王」

狭い視野のタイプ 「職人」「奉仕者」「戦士」

中立のタイプ    「学者」

 

広い視野のタイプは、視野が広く全体的・鳥瞰的に物事を捉えようとします。人や組織を束ねる能力が高いため、リーダーシップを自然と取るようになるでしょう。

 

狭い視野のタイプは、直接的な仕事を好み、実際的で具体的に物事に取り組みます。人口的にはこちらの方が多く存在します。

 

 

 

 

 

 

あなたの本質を発見し、健康で活き活きとした輝くなりたい自分、幸せな人生を手に入れる、素敵なライフスタイル送りたい人を全力でサポートします。